中国輸入は季節商品で即日儲けよう

更新日:

【PR】副業スマホで今すぐ稼げる卸問屋×物流会社の自動物販システムセミナー

中国輸入は季節商品で即日儲けよう

 

中国輸入で早く結果を出したい場合は、季節商品をメインでリサーチすると、稼ぎやすいです。特に新規出品を行っている場合は、季節商品を狙うだけで誰でも確実に結果を出すことができます。新規出品の練習などには、とても適した商品群となります。

中国輸入は季節商品でリスクヘッジと大儲け

ランキングがいくら良くても、下記の場合は一気に売れなくなります。

1.ハロウィンが終わった後の、ハロウィン商品

2.iPhone6が発売した後のiPhone5ケース

この辺は「新規出品」のカリキュラムで詳しく話しますが

商品には

・通年商品

1年中売れる商品 例:ドライブレコーダー、スピーカーetc

・ブーム商品

新機種などが発売された後、周辺機器など 例:iPhoneケース、Dysonの周辺機器etc

・季節商品

春夏秋冬の季節に合わせて売れる商品 例:レインコート、扇風機etc

この中で、季節商品とブーム商品には気をつけましょう。これの見分け方を簡単に説明します。これから売れる、これから売れなくなる、がよくわかりますので、稼ぐためにも活用しましょう。

グーグルトレンドで季節商品を探し出す

このリサーチには、Googleトレンドを使います。※いつも使っているGmailのアカウントでログインしましょう。

赤枠に調査したいキーワードを記入し、検索をクリックします。

すると、上図の様な表が表示されますので赤枠をクリックして期間を「12ヶ月間」選択します。

すると、上図のように、過去1年間のそのキーワードの検索結果が表示されます。これとAmazonでの売行きはかなり似通っていますので、感覚としては、この通りに売行きが推移すると考えて下さい。

上昇期、ピーク、下降期が手に取るようにわかりますね。しかも、カーソルを合わせると、1週間起きの日付が書いてますので、それを基準に準備や撤退時期を組んでいくといいでしょう。今回は「加湿器」という季節商品でしたが、次は「iPhone5」。季節ではなくブーム商品を見てみましょう。

ブーム商品では、1年では足りない可能性がありますので、期間を長期に設定しましょう。今回は「2004~現在」に絞ってみます。

 

これも面白いですよね。2011年あたりに発売が発表されたのでしょう。そこから徐々に話題を呼び、発売時期にピークへ、そこから徐々に下降し、次のブーム「iPhone6」に受け継がれていくと。そういう流れが手に取るように分かりますね!

これらを参考に、参入・撤退時期をしっかり調整しましょう。

Q&A

Q&A
Q:クリスマスや年末に向けて準備しておくべきことは?

A:時期としては遅いですが、芋づる式にセラーを見つけ出す時期。

クリスマス関連商品、クリスマスグッズで検索。この時期に出品している販売者をエクセルに登録していく。扱っている商品から勉強できる。レベルの高いセラーを集める時期にするとよい。

年末に向けては、100均などの商品の新規出品の準備。

ドン・キホーテ、3coinsなど安い商品を扱う。

クリスマス商戦せどりで検索すると。情報は無料で出てくる。ピークは20日

-中国輸入

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.