中国輸入OEMオリジナル商品作成と独占販売のやり方

更新日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>EC在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取キング なんでも現金一括スピード高価査定

本文は以下より

中国輸入OEMとは

「Original Equipment Manufacturing」の英語の頭文字を取ったものをOEMと言います。

中国で作られている既存の商品の、色を変えたり、アパレルなどのボタンをファスナーに変えるなど、

ちょっとした変更を加えたものをつくり、Amazonなどで独自の商品として販売します。

 

中国輸入OEMの流れ

①商品のリサーチ
②市場調査
③取り扱う商品を決める
④OEMを依頼する工業選定
⑤サンプルを作る
⑥見積もり受け取り
⑦生産依頼
⑧商品ページ作成
⑨出品

OEMでかかる費用はどれくらいなのか?

OEMをする場合は、最低ロット数などがあるので、タオバオ、アリババでの仕入れる時と比べて

費用も必要となります。商品などにもよるので、いくらかかるのかは、正確な金額は述べられませんが、

数十万単位必要となります。

 

中国輸入OEMの工場を探す

アリババなどに出店しているお店の中には、小売店と工場があります。

OEMの取り扱いのある工場もその中に存在しているので、自分が作ろうとしている商品を

OEMしてくれる、且つ優良な工場を探していく必要があります。

どのようにして工場を探すのか?

日本在住の中国人の方をまず探していきます。

・クラウドワークス
・Lancers

アウトソーシングサイトで中国人の方を見つけ工場探しを手伝ってもらうのが一般的なやり方となります。

複数の工場にサンプル作成を依頼する

複数の工場にサンプル作成を依頼し、その中からどこの工場にするのか選んでいきます。

工場選びのポイント
①納期が速い
②品質が良い
③レスポンスが速い

など条件を立て、評価の高いところを選ぶとよいでしょう。

中国輸入OEMトラブル事例

サンプル商品と作成依頼した商品と違う場合がある
・日本起業との取引経験を聞く
・複数サンプル依頼しクオリティーチェック

発注条件がサンプル依頼時と異なることがある
・本発注の時には別の検品費用や手数料が掛かるなどあるので、事前に条件をよく確認しましょう。
・本発注の時はnet(ネット)ではなくgross(グロス)でいくらかかるのかということを必ず確認

価格交渉
・中国は欧米社会と同じで値切りをする商習慣があるので交渉する
(相手にメリットのある様に提示しましょう)複数買い、リピート、日本マーケット以外への販売など

不良品
優良なお店でも中国輸入では不良品が必ずあります。不良品率の少ない工場選びは必要です。
・不良品の検品費用が別途発生する工場もあるので確認が必要
・不良品により納期の遅れが発生する場合がある。

販売戦略
OEMだからと言って簡単に売れるわけではありません。Amazonだとスポンサープロダクトなどの広告などを使って
露出を増やしたり、販売戦略をしっかり立てる必要もあります。

中国輸入オリジナル商品Amazon販売での集客

Amazonで商品ページを上位表示させることはとても重要です。
Amazonレビューも高評価レビューを多く集める必要があります。

上位表示
商品を上位表示させるためにはAamzon内SEOの改善が必要

特定キーワード
Amazon内集客はGoogle内集客同様キーワードごとに上位表示されたり下位表示されたりする

①iphone ケース
②iphone 8ケース

と検索されるキーワードごとに表示が異なります。
よって、特定キーワードでの表示順位を上げることが必要

CVR(成約率)によっても表示順位は落ちていきます

既に売れている商品を単純に真似るだけではライバルに勝つことはできません。

・販売個数
・レビュー数
など上位表示させるためにクリアしなければいけない点は多数あります。

よってAmazon内SEO改善だけでは勝てないものの基準を設けて商品選定していくと良いです。

(例)レビュー数30以上類似商品がある場合は取り扱いしないなど

Amazon広告スポンサープロダクトを使う

集客を行っていく上で必要なものはAmazonだとスポンサープロダクトというものがあります。

Amazonでオリジナル商品を販売していくうえで必ずと言って良いほど必要なものです。

出稿すべきキーワード
コンバージョンを意識すると良い。
オートターゲティングでは、勾配と関係のないワードも表示されてしまい商品ページのCVRが下がってしまいます。
マニュアルターゲティングで売るようにしていくとよいでしょう。

Amazonで売上げを伸ばすための広告運用活用方法

① 検索ワードアイソレーションを活用
売り上げに直結する検索キーワードの身に集中し、ピンポイントでの入札をする。

② 自動入札管理ツールを使う
自動入札ツールを使い、広告を管理することで、最適なキーワードのインプレッションを逃さないようにする。

③ネガティブなキーワードを入れる
・自動入札技術を使い、検索ワードのレポートを収集。
・購入と関係ないワードを見つけます。
・広告キャンペーンにネガティブキーワードを追加。

これらを行うことで、無駄なクリックをなくし、その分売り上げ拡大のための予算に充てることができます。

④広告を複数使トラフィックを増やす
Amazonでは、商品ごとの売り上げがUPするにつれてランキングが上昇します。
DSPを含む広告メニューを使い、トラフィックを促すことで、商品のリスティング、セラーランキングにも効果が期待できます。

⑤アマゾンのガイドラインに商品詳細ページが沿っているか確認
ガイドライン違反の場合、コンバージョンにも影響が出てきます。コンバージョンを高めるためには、ページ作成時、説得力のあるビジュアルの活用、
検索にインデックスされないような説明部分をすくなくします。また、グーグルでリサーチしてみて、競合の動きをチェックすることも重要です。

 

商品レビューが悪いと売れ行きに影響がある

購入者はその商品に問題中判断するうえで、レビューのチェックをしています。

特に星1~3はよく読まれているため、悪い評価や、レビュー内容は売れ行きにも影響が出てきてしまいます。

商品に問題なくても、悪いレビューが書かれてしまうことがありますが、もともと悪い商品を販売してしまうと悪い評価がどんどんたまってしまいます。

検品などをしっかりしていきましょう。

Amazon販売中国輸入OEMオリジナル商品開発方法

▼動画はこちらから→マクアケmakuakeOEM定番商品機能性利便性追求リュック

■今回の動画の要点まとめ

 

仕事帰りのジム通いに特化したリュック

リュックはOEMでよく取り扱いされる商品

商品レビューからニーズを探った新しいものを作る

購入者に気づきを与える

訴求したいもの

 

▼動画はこちらから→マクアケmakuakeハンドメイドアクセサリー中国輸入でやる方法

■今回の動画の要点まとめ

藍染折り紙アクセサリー

ハンドメイドなどもグレーな部分がある(一部だけでもハンドメイド)と言えてしまえる部分もある。

中国で商品はたくさんある

品質のバラつきでハンドメイドといってしまうこともできる

新しいものは楽天で見た方が良い

アマゾンは後発

 

▼動画はこちらから→マクアケmakuake市場規模の大きいスマホスタンド商品

■今回の動画の要点まとめ

既存の商品に機能の追加された商品

スマホケーススタンド

カッコよさをだしたり、欲しいと思えるような商品を考えていく必要がある

既に持っていても買い替えたいと思えるような商品

 

▼動画はこちらから→マクアケ makuake を使った商品リサーチ新しい着想の着物

■今回の動画の要点まとめ

着物を着たい人が簡単に着れるようになるためにどうしたらよいのか

という着眼点で、新しい商品を考えていく

販売者目線ではなく

 

▼動画はこちらから→AmazonOEM商品ブランド名の考え方イメージ戦略

■今回の動画の要点まとめ

男性向け商品=濁点をつける

女性向け=ア行、ほが付くなど

基本的には何でもよい

自分の思い入れのある名前はよくない

イメージがあるので商品に合ったイメージ

ギフト(他にも商品を扱っているという情報を入れる)

 

▼動画はこちらから→AmazonOEM避けるべき競合他社の判断基準

■今回の動画の要点まとめ

自己資金は決まっている

市場規模が大きいからといって入ってしまうと埋もれてしまう

月にどれだけ販売されているのか、競合他社の数(予測する)

ひと月分の仕入れ資金があるかどうか

半年、1年の取り扱いができる商品を

月に何千万など売っている商品は避ける

金額、さばける数、入れるカテゴリが決まってくる

 

▼動画はこちらから→Amazon商品規模googleトレンドを使った確認方法

■今回の動画の要点まとめ

市場規模がどれだけ回っているかはランキングがAmazonで100位まで出ているKeepaなどで確認

一つの商品に対して10セラーなのか200セラーなのかなどセラー数を確認

Googleトレンドで確認

 

▼動画はこちらから→AmazonOEM商品参入カテゴリ選定のための市場規模の調べ方

■今回の動画の要点まとめ

Amazonの場合

カテゴリから見ていく(商品数)が多いほど盛り上がっている

10パーセントが売れているといわれている

季節などにもランキングは変動する

スマホケース(競合が多い)しかしよく売れている

定点観測(カートに入れてみて確認)参入できるかどうか

そう商品数の10パーセントに当てはめるとわかってくる

 

 

▼動画はこちらから→Amazon物撮りデータ蓄積型で売れる写真撮影を!

■今回の動画の要点まとめ

4物撮りは自分でやる?外注?

データ化していく

売れている写真、売れていない写真エクセルなどで一瞬で分かるように

見やすい、かっこいい、わかりやすい

画像が悪い、何も伝わらない

魅力的な商品ページはレビューなどと違って自分でなんとかなる

 

▼動画はこちらから→Amazon商品撮影に必要な道具実際使用していた商品紹介

■今回の動画の要点まとめ

3商品撮影に必要な道具は?

自分で撮影する努力をした方が良い(外注は経験したからの方が良い)

ガジェット系は英語で書いてあるものが多い(かっこよさなど追及)

 

▼動画はこちらから→Amazon商品ページ作成 GIMP 必要な無料ツール

■今回の動画の要点まとめ

2必要なツール(イラストレーターなど)

画像撮影(自分で撮影する技術があった方が良い)

外注時に指示ができるようになるため

文字入れを前提として画像を作っていく必要がある

GIMP(アドビのイラストレーターのようなもの)

文字と画像と商品情報

競合他社の商品ページで一番多く出てくるキーワードを調べる

 

 

▼動画はこちらから→Amazon魅力的な商品ページを作るために必要な情報

■今回の動画の要点まとめ

1魅力的な商品ページを作るために必要な情報(サイズなど)

ネットでの販売はモノが見えないので、文字で検索

タイトル、商品ページで説明で疑問が起きないようにすべてが解決するように

サイズ:よく売れている商品ページ(比較対象がある画像つける+文字)

商品画像と説明で完結させる

スマホの場合は画像勝負(画像に完結にテキストで説明)

 

▼動画はこちらから→Amazonブランド登録は必要なのか?質問回答

■今回の動画の要点まとめ

現在アマゾンのブランド登録には、以下の情報が必要だと聞きました。

・商標権
・ロゴが入った商品(複数商品)
・ロゴが入ったパッケージの写真
・自社ブランドのウェブサイト

OEM販売をする場合にはブランド登録はすべきかと思いますが、この条件だと半年くらいはブランド登録ができないことになります。
この場合、商標登録が済むまでの間は新規出品でのOEM販売は待つのが普通なのでしょうか?
ブランド登録していない商品ページであっても、商標取得後にブラント登録はできるでしょうか?
それとも、そもそも初めの内はブランド登録を意識しすぎる必要はないのでしょうか?

 

ブランド登録の必要がない

強い法律が商標権であるため、個人レベルだと手間でメリットが少ない

OEM商品のレベルにもよる(簡易OEMだと相乗りが入ってしまう)

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEMオリジナル商品開発方法

■今回の動画の要点まとめ

OEM

競合他社がいる:1000(月間)20セラー自分がどれだけ売れるか

厳しい戦いになる場合がある。

見るべきポイント:商品自体の機能価値、問題解決を理解する、楽天商品ページが多いので訴求ポイントが学べる

ポイントを押さえたうえでどこを改善するか

アリババに出ていない商品(上流の情報をつかむ)商品の売れる本質を身に着ける


▼動画はこちらから
→Amazon販売中国輸入OEM ODM商品開発の情報収集楽天ランキング

■今回の動画の要点まとめ

販売されている現行のランキングを見るのが王道

楽天・Amazonのランキング

改善:主観が入ってしまうのは×

データを基に変えるポイントを見極める

通常のリサーチと同じ方法でやっていく、右肩上がりになりそうな商品を選ぶ

アリババ店舗がOEMできるという店舗をストックしておく

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEM ODM商品開発 楽天商品ページ レビュー参照

■今回の動画の要点まとめ

Amazonや楽天などの商品ページやレビュー

OEM:少しアレンジを加える(色などをかえるなど)

商品ページには、改善する余地がある、売れている商品をより売れるようにする方法を考える

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEM ODM商品開発 ライバルセラー出品商品参照

■今回の動画の要点まとめ

ライバルセラーの商品を追跡

中国商品取り扱っている人は、中国輸入の商品に特化している人が多い

アリババのリサーチをして行くと、良い工場も分かってくる

カー用品関連ばかり販売しているなど、専門的にあるかっているセラーを見つけて分析すると学べる

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEM ODM商品開発 ダイソー ロフト実店舗参照

■今回の動画の要点まとめ

実店舗でOEMやODM商品のヒントを探る

ダイソーでも新規商品がたくさん出ている、その商品からリサーチに役立てることができる、

ロフト、ソニプラなど、ネットとリアルを照らし合わせることも重要。自分の商品知識を増やすこともできる。

 

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEM ODM商品開発 展示会見本市アイデアを盗む

■今回の動画の要点まとめ

展示会や見本市で新たなアイディアを見つける

ネットだけだとマンネリ化してしまう。

展示会は少しハードルが高かったが、今はハードルが下がっている。

商品知識をつけるのに役立つ

訴求した商品ページを作る

 

▼動画はこちらから→クラウドファンディングAmazon販売中国輸入OEM ODM商品開発

■今回の動画の要点まとめ

クラウドファンディングで最先端のアイディアを探る

資金力、リサーチ力がある人がチャレンジしている、これからの商品。

クラウドファンディングのページは、商品を魅力的にみせるためどうすべきか学べる

真新しいものは少ない。ベースがあり、それを改善したものが多い

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国セラーレビュー操作ここ最近起きている変化、気になる点は?

■今回の動画の要点まとめ

レビューの操作がされている状態になってきている。

規約でも違反していても、取り締まりがない状態

中国セラーが日本に来ている。モチベーションが違う。

検品、きめ細やかな部分、アフターケア、メーカー保証など充実

 

▼動画はこちらから→AmazonOEMサンプル商品到着後チェックするべき点は?

■今回の動画の要点まとめ

OEMができた時点(中国側でチェック)写真や動画でチェックが良い

日本に到着してちぇっくだとスピード感がないので、中国側で見た方が良い

アパレルであれば、縫製、工場のスペックが大きく差が出る。

OEMが頼めるところでも、品質を確かめた状態でやるのがベストである。

自分の中での検品、レビュー

 

 

▼動画はこちらから→Amazon販売 新規出品 商標登録は自分で?代行?

■今回の動画の要点まとめ

自分でやるのは大変⇒代行

時間などを考えると壁が高い、代行が良い

 

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入OEMブランドロゴの作成方法

■今回の動画の要点まとめ

イラスト:作ってくれるサイトがある(海外のサイトで無料サイトもある)ロゴ市

クラウドワークス、ココナラ⇒ワンコインでできるのでおすすめ

本気で作ると1~5万かかる

メルカリなどで作成してくれる人を探すこともできる。

イラストであればココナラなどで作るとよい

 

 

▼動画はこちらから→Amazon販売でリサーチなどで最低限必要なツールは?

■今回の動画の要点まとめ

リサーチに時間をかけるために

Amazonスーパーマンセラーツール(検索画面でランキング見れる)

売れている商品を見ていく

Keepaでランキングの推移を見ていく、利益がしっかり取れているのか

デルタトレーサー

拡張機能はバランスを見て入れていくとよい

リサーチ力

 

 

▼動画はこちらから→Amazon販売相乗り防止方法相乗りされた場合の対処法

■今回の動画の要点まとめ

ブランド登録、商標登録、簡易OEMなどはAmazonは何もしてくれない

法的に排除できる。運営の仕方が分からないと対応できない

 

▼動画はこちらから→Amazon販売中国輸入稼げない人稼げる人の違いリサーチ力

■今回の動画の要点まとめ

リサーチの質(商品が見つからない人は、リサーチの仕方が間違っている、みているところが違う)

自分の中のフィルター(主観で選んでしまう)データで見ていない

商品ページ(需要と、供給のバランス)

リサーチに半年かける人

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEMの流れ資金力で取扱商品を変えていく

■今回の動画の要点まとめ

資金がどれくらいあるかがポイントになる

資金によって参入できるポイントが決まってくる

商品をリサーチ(どれくらい売れているのか)

競合他社がどれくらいのか

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEMに必要な費用○○円から2か月分の準備

■今回の動画の要点まとめ

費用:1商品で10~30万ほど必要となる

作るのに1~2週間

発送1か月くらいかかる

翌月の分も仕入れていないとダメ(2倍ほどの用意が必要)

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入相乗り簡易OEMの利益率ライバルを減らす戦略

■今回の動画の要点まとめ

相乗りだと10パーセント前後の利益率

簡易OEM→20パーセント前後

OEM→うまくいくと50パーセント(40パーセントくらいは目指したい)

利益率が高いとライバルが入ってくるのであえて20パーセントにするという作戦もある。

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEMカラーバリエーション商品色は絞るべきか?

■今回の動画の要点まとめ

資金力による。リサーチに自信がない場合は売れている色に絞るのは安全である

(流入が少なくなるというデメリットもある)

色をそろえるのはAmazon側としてもカラーサイズのバリエーションは評価される

安い商品はカラーを増やした方が良い

競合他社が少ない状態であれば色を絞ってページを育てていくのも一つ

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEM痛い目に合わない優良な工場探しのポイント

■今回の動画の要点まとめ

代行業者にとりもってもらう

アリババ、タオバオでOEMができるという表記がある

別ルート:アリババドットコム(OEMできるかメッセージを送ってみる)

同じ商品を買い続けていると、相手から連絡が来ることもある

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEM販売独学でも可能か?

■今回の動画の要点まとめ

ネットでも情報は得られる(中には良いことばかり言っている場合もあるので注意)

自分のスタイル、資金力(商品知識がある方が強い)

情報を入れつつ自分で試行錯誤してくと吸収できる(失敗から)

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEMトラブル サンプルと本発注品の違い回避方法

■今回の動画の要点まとめ

サンプルと違うことがある

サンプル発注で出来上がったもの(良いものが多い)

本発注→サンプルの時と違うときがある

確認事項を設けた方が良い

 

▼動画はこちらから

→Amazon中国輸入OEMトラブル本発注時の条件追加料金発生対処法解説

■今回の動画の要点まとめ

サンプル発注時と本発注時と条件が違う場合がある

検品など後から追加料金が発生する場合がある(優良なところは追加料金がかからないことが多い)

サンプル発注時も本発注時もしっかりと確認をした方が良い

ミスができないようにしておくべき

 

▼動画はこちらから

Amazon中国輸入OEMトラブル値段交渉成立させるための打ち出し方

■今回の動画の要点まとめ

値段交渉しないと損をする?

日本人は値段交渉しない傾向があるが、ビジネスの場では交渉すべきである

簡易OEM→OEM 

どれだけ発注するのか(販売見込み)明確な条件を出して相手へのメリットを提示したうえで交渉する(データでまとめて)

 

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入OEMトラブル不良品率を下げるには2つの考え方

■今回の動画の要点まとめ

不良品がある(不良品率は何パーセントくらい?)

OEMに関する不良品(作成条件を明確にすることで不良品の率は減る)

検品をしてもらうことで不良品率を減らすことができる

・費用をおさえる・クオリティーを求める

中国側と日本側のダブルチェック

安い工場は品質の違いが出る

片手間でやっている商品なのか、特化しているのか(工場の見極め)

 

クラウドファンディングを使った商品リサーチ方法

▼動画はこちらから→クラウドファンディング マクアケから商品リサーチ機能性ストール
■今回の動画の要点まとめ

マクアケのストアの商品を見ていく

商品ページを見ていくと、ページの作り方なども参考になる

ストールの機能性をおしだしている

▼動画はこちらから→クラウドファンディング マクアケから商品ノーネクタイ新しいファッション

■今回の動画の要点まとめ

気になるというインパクト性が大事

新しいモノをもとめている人が多い

身内で購入している場合もあるので、実際の数と異なる場合もある

新しい発想を見つけることも可能

先行のリサーチ

▼動画はこちらから→クラウドファンディング マクアケから商品リサーチガジェットバック
■今回の動画の要点まとめ

ガジェットバックは新しいジャンル。進化し続けている

充電がついている

機能性を把握して煮詰めていく

バック(ノートパソコン入れる)などターゲットを読み取る

デザイン

 

 コメントQ&A

▼動画はこちらから→Amazon中国輸入SNS集客独自商品販売成功事例コメント回答

■今回の動画の要点まとめ

Q:アマゾンやメルカリなどの、物販プラットフォームだけで集客するのではなく、snsやブログで集客して独自商品を販売している成功例などご存じでしたら教えていただきたいです!

A:BASEなど無料のプラットフォーム

個人レベルの成功なのか企業レベルの成功なのか

上海問屋が成功事例としてある

 初心者でもかんたんにできるOEM

中国のOEMは資金の確保や、工場探しと、初心者の人にとっては、少し敷居が高いものとなります。
国内でも1個からオリジナル商品を作成することが可能なものがあるので、そちらを利用してみるのも良いでしょう。

自分がデザインしたものをデーターをアップロードするだけで商品を作ることができます。

デザインが苦手な人は、フリーデザイナーの人に依頼をする方法もあります。

少数で販売してみて、手ごたえがあるようであれば、数発注することで安く作ることができます。
中国で本格的にOEMなどに取り組んでみても良いでしょう。

-中国輸入

Copyright© 副業!スモビジ , 2019 All Rights Reserved.