FBAと自己発送の同時出品

投稿日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>日本全国の人気店舗に御社の商品を並べませんか?御社の輸入商品など、問屋、店舗、カタログ通販への提案営業無料!日本語パッケージの作成も支援します。

→ 新規商品提案受付

<PR>在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取・特価商品、当店小売会員に直接告知

本文は以下より

 

FBAと自己発送の同時出品

 

 

FBAと自己発送の同時出品は

Amazon.co.jp上、規約違反となってしまいます。

Amazonの規約にも記載されています。

以下、規約を抜粋

1つのSKUに対して、フルフィルメント by Amazon(FBA)

で販売していない時には、そのSKUの商品の出荷者を

『出品者から出荷』に変更する事で

出品者が受注・出荷することが可能です

(例: FBA在庫が無い状態で、新たに在庫を納品している途中など)。

しかしながら、そのSKUをFBAで販売している間は、

同時に出品者が受注・出荷することは禁止しております

(同一コンディションで別SKUを作成して販売することも禁止です)。

つまり、FBAに納品する間(発送後約24時間~72時間)に

自己発送で販売すれば販売損失期間を少なくできますね!

ゴールデンウィークやハロウィン・クリスマスなどの

FBA納品受領が遅れることが多々ありますので、

そういったときにとても有効ですね!

やり方としては

FBA納品プランから「在庫補充」でFBA納品準備をし、

納品プランからFBA納品手続きを行います。

後は、発送前後に「Amazonから出荷」を「出品者から出荷」に変えるだけです。

これでFBA納品途中でも

自己発送出荷として販売ができるようになります。

つまりFBAに納品受領される迄の販売損失期間をなくすことができます。

注意する点は

在庫が50個手元にある場合は、全部FBA納品してしまうと、

自己発送での販売ができませんので少しは手元に残しておく必要があります。

あともう1点としては

FBAに在庫がアップされたらすぐに

自己発送の出品を取り下げましょう。

初心者の方にはよくわからなかったかもしれませんが、

とても使える手法ですので、

慣れている方は実践してみてください。

-出品

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.