アマゾン出品者リサーチ せどり 仕入れ 店舗 コツ 売れ筋 儲かる 商品 まとめ

更新日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>EC在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取キング なんでも現金一括スピード高価査定

本文は以下より

アマゾン出品者リサーチで儲かる商品リスト確認

 

アマゾンでは、自分以外の多くの出品者が商品を販売しています。そして、販売している出品者は「例外なく」儲けるために商品を販売しています。

 

これは即ち、アマゾンで販売している出品者の取扱商品は全て、なんらかの方法で仕入れ、必ず儲けているということです。

 

要するに、儲かる商品リストです。

 

ただし、ビックカメラなどの小売店、タイガーなどのメーカーも出品していますので、全ての出品者が対象となるわけではありません。

 

自分と同じ土俵で戦っている出品者を探して、取扱商品を参考にしましょう。

アマゾン出品者(自分と同じレベル)からヒントを得る

 

ここまでお話してきた内容は、基本的に自分で新しくどんどん儲かる商品を開拓していく方法でした。

 

しかし、儲かる商品のカテゴリ、ジャンルというのは、ある程度決まっていたりもします。儲かる商品のカテゴリ・ジャンルを簡単に見つける方法として、Amazonでせどりをしている同業者の出品商品を見る方法があります。

 

自分と同じ手法の出品者を探せ

 

例えば、自宅の近くに家電量販店があって、家電商品で頑張ろうと決めたとします。 もちろん、自分で家電量販店に行って商品を調べるのは大事ですが、既に家電せどりをやっている先輩の売っている商品がわかれば、とても勉強になりますよね!

 

中国の商品を扱っているなら、中国の商品を扱っている出品者です。

 

とりあえず、今回は思い浮かぶ家電製品をAmazonで探してみましょう。今回は「イヤホン」と入力してみます。

 

 

 

次に、3,000円以上で売っている商品を探してみます。ありましたので、赤枠の「新品」と言うボタンを押してみます。

 

 

 

すると、一瞬でたくさんのお店が表示されます。このお店が、この商品を売っているお店です。そして、赤枠のお店の名前を押すと、そのお店が「今売っている商品が全て」見れます。

 

 

 

その中でも、この「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます」とオレンジ色で書かれた出品者。これが「強い出品者」、「FBA出品者」ですね。あなたも、私の言う通りにすれば「FBA出品者」になりますから、彼らの商品を見てみましょう。

 

 

 

お店の名前をクリックすると、商品がずらっと出てきます。

 

 

 

いくつか家電製品がありますね。その他にも、本、雑誌、専門書、百貨店に売っている商品もありますね。こうやって見ていくととても勉強になります。ここに出ている商品は、儲かるから出ているんです。考えたらわかりますが、儲からない商品をせどりする人はいません。だから、ここに並んでいる商品は、どこかで買えば儲かる商品なのです。「どこかで」が一番知りたいですけどね(汗)

 

自分と同じ規模の出品者を探せ

 

さて、Amazonでせどり販売している出品者の中で、FBA出品をしている業者は大体、あなたと同じレベル(お店や、インターネットショップでせどりをして売っている)ですから、同じような商品を、見つけやすいです。また、評価の数が500以下の業者も、自分と同じレベルの資金力である可能性が高いです。さすがに1000以上の場合、大きな会社なので、無視しましょう。

 

評価の見方ですが、赤枠の部分に注目してください。「過去12ヶ月で〇〇件の評価」と書いてありますね。Amazonの評価は、弊社の統計では「30個商品が売れたら1個評価」がつきます。ですので、単純に「〇〇件の評価×30」をすれば、この1年間で、何個売った人なのかがわかります。ただ、過去12ヶ月と書いてますが、本当に12ヶ月間せどりをやっているかといえば、そうではありません。1ヶ月前に始めた人もいるだろうし、半年前の人もいるでしょう。ただ、ここでは、その先輩出品者の実力がわかるところです。

 

 

 

今回、例に出している出品者は、上から

 

12,448 × 30 = 373,440 ÷ 12

= 1ヶ月 31,120 個販売している

 

24 × 30 = 720 ÷ 12

= 1ヶ月 60 個販売しいる

 

と、いうことになります。1ヶ月60個、まずは、目指してみたい数字ですね!

 

これを、何人も見て、自分と同業者の出品者をメモして、定期的に見ていれば、どういう商品がよく扱われているかがわかります。それがわかれば、どういう商品が儲かりやすい傾向にあるのかもわかります。そして、それらを覚えておいて、お店で見るときは、集中的に見ればOKです。え、こんなもの儲かるの?!なんてもの見つかるでしょう。

 

セラーリサーチで仕入れ先を探す

アマゾンで販売している出品者からメーカー仕入れ先を探していきます。

①Amazonで在庫を多く持っている出品者を探す
②該当商品の仕入れ先を探す
③利益が出るようであればメーカに問い合わせをする

メーカー仕入れのメリット

「メーカー仕入れは価格競争がおこりにくい」という点です。

何故、価格競争が起こりにくいのかというと、『価格統制』というものがあるからです。

メーカーから販売価格の指示があり、指示に従わなかった業者との取引は今後されなくなってしまう、

ということがあり、取り扱っている販売業者は、そのルールを守って出品をしています。

そのため、これまでのように価格競争に巻き込まれて、赤字になるということが起こりにくいのです。

 

セラリサーチからメーカー卸仕入れへつなぐ

セラーリサーチをして利益が取れそうな商品を見つけたら、その商品を直接仕入れる方法はないか探します。

すると、メーカーのHPを見つけることができます。
HPには問い合わせ先が掲載されているのでコンタクトをとってみましょう。

直接仕入れができなくても、代理店等を紹介してもらえる場合があります。

 

セラーリサーチブロック

セラーリサーチされて相場が下がったりして、出品者が増えてしまうことで
相場が下がり、商品が売れなくなることがあります。
そのようなときに有効なのが、ダミー出品です。
利益の出る商品ばかり出品していると、せらりーサーチの対象となってしまいます。

ダミー商品を出品して、リサーチが難しくなるようにして防止してみましょう。

知らないと損するセラーリサーチのデメリットとは?

セラリサーチという方法は、リサーチ時間を短縮できることもあって、とても便利です。

自分で商品を探す手間が省けるので、セラーリサーチをして、商品を出品している人も多いかと思いますが、
この方法は、デメリットももちろんあります。

セラーリサーチして出品した商品から、逆に自分の商品を出品される。
つまり、ライバルにも自分の商品を出品されてしまう危険性があるということです。

せっかくこれまで利益が出ていた商品も、そうした出品者が増えてしまうと、価格競争に巻き込まれてしまいます。

ダミー商品を混ぜて出品するなどして、防いでいきましょう。

 

リサーチの手順

リサーチの基本

①Amazonで売れている商品を探す

②同一商品をやヤフオクやメルカリで探す

■リサーチする商品の絞り込み項目

・ジャンル、メーカー

・価格

・レビュー☆1つ以上

-せどり

Copyright© 副業!スモビジ , 2019 All Rights Reserved.