iPhone スマホ せどり 転売で稼ぐ方法

投稿日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>日本全国の人気店舗に御社の商品を並べませんか?御社の輸入商品など、問屋、店舗、カタログ通販への提案営業無料!日本語パッケージの作成も支援します。

→ 新規商品提案受付

<PR>在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取・特価商品、当店小売会員に直接告知

本文は以下より

iPhone スマホ せどり 転売 で稼ぐ 方法

iPhoneやスマホの需要があり、売れやすい商品の一つです。
購入者の中には、スマホゲームなどを楽しむために、自分の持っている形態とは別に、2代目の購入をしたり、
海外では、まだ発売されていないiPhoneを先に購入したいという需要から売れていくケースがあります。

この記事では、そのような人気のあるスマホを仕入れし、ヤフオクなどで販売する際の避けるべき商品など、
必要最低限しておくべき情報をお伝えしていきます。

 

 

白ロム 黒ロム 赤ロム とは?

白ロムなどといった言葉を耳にしたことはあっても、実際どのようなものなのか知らないという人は多いのではないでしょうか。
iPhoneなどのスマホを販売していくにあたって、このキーワードをしっかりと理解することはとても大切になってきます。

白ロム

そもそも白ロムとは何のことなのか?わからない方も多いでしょう。

簡単に言うと”SIMカードが入っていない端末”

・回線未契約
・電話番号記録されていない携帯電話・PHS端末
・SIMカード対応機種でSIMカードを抜いた状態の端末

 

黒ロム

SIMカードが入っている端末のことです。

電話番号のある端末を「黒ロム」といいます。

赤ロム

赤ロムとは、ショップで分割購入した携帯電話の料金を滞納によりショップ側からロックされた端末のことです。

・通信機能が使えない

赤ロムと知らずに仕入れて販売してしまうと、クレームになったり、販売したアカウント(メルカリなど、規約違反)にあたり、そのアカウントも停止といったことにもつながりかねません。しっかり仕入れ前に問題ない商品なのかチェックする必要があります。チェックの方法がありますので、後程説明していきます。

iPhone スマホ せどり 転売のメリットデメリット

かならず、どんなものにもメリット、デメリットは存在します。
しっかりと把握したうえで、それでもやる価値があるのか自分でも確認していきましょう。

メリット

メリットは、やはり需要があり、回転が良いのでお金のまわりが良くなるという点があります。
回転率の悪い商品を仕入れてしまうと、売れるまでに時間がかかり、資金繰りに滞りが出てきたりと悪循環に陥ってしまうケースがありますが、
もともと、人気の商品のため、直ぐに売れていきます。

デメリット

検品に手間がかかる

・動作確認
・状態確認

チェック項目
・画面の割れ
・スピーカーの動作確認
・ライト
・軌道に問題がないか
・カメラは正常に動くか
・指紋認証
・タッチパネルの動作が正常なのか

これらのチェックを怠ってしまうと、不良品であるとして、返品やクレーム、トラブルの原因となってしまいます。
チェック項目が多く動作確認に時間がかかってしまうという点がデメリットとなってきます。

需要のある背景とは?どのような人が購入するのか?

さて、スマホ需要が高まった背景にはいったいどのようなものがあるのか、説明していきます。

大きく影響しているのは、やはり「SIMフリー」によるものです。

2016年からSIMロック解除の義務化されたことにより、型落ちのスマホで良いから、スマホを安く買って使いたい。
と考える人が出てきました。

新品は高くて買えないが、中古であれば買いやすいという層による需要です。

中古の仕入れの場合、フリマアプリなどで、一般の方が、値付けがあまく安く販売されていることも多いので、
価格差があるという点も中古スマホの良さです。

ポケモンGOなどのスマホアプリが出たときには、ゲーム専用にもう一台スマホが欲しいという需要や、
子供がスマホのゲームをするために購入したりするケースが増えてきたことも、需要が増えた理由です。

 

仕入れのベストタイミングは?

最新機種発売直後が仕入れにとって良いタイミングだと言えるでしょう。

スマホを買い替えた人たちが、以前使用していたスマホをフリマアプリなどで売るようになります。
商品がたくさん出回ることで、仕入れする側も仕入れやすくなります。

また、各携帯会社のけさん時期には、スマホの値下げなどがされることから、このタイミングで買い替える人も多く、
型落ちのスマホの供給が増えます。

 

仕入れする際にチェックすべきポイントは?

仕入れるべきスマホは「白ロム」

白ロムかどうか確認するためには、ネットワーク利用制限の確認をすれば良いです。

 

iphoneの裏には、IMEI番号というものがあり、これはシリアル番号のようなもので、
各携帯電話会社の、ネットワーク利用制限確認サイトにこの端末のIMEIを入力することで、
どのような状態なのかを確認することができます。

検索結果が、「〇」であれば、仕入れても問題ない商品となります。
逆にそれ以外「×」「△」「 – 」仕入れしてはなりません。

検索後、表示結果「〇」の場合のみ

 

販路は?

販路は、国内の場合、ヤフオク、フリマアプリ。
業者の買取価格で価格差があるようであれば、買取店舗やフリマアプリが、仕入れ先にも、販売先にもどちらにもなり得ます。

人気のスマホの機種などをリストにまとめたりすることで、仕入れる際の時間短縮にもなります。

まとめ

スマホ転売のポイント

①白ロムを仕入れる
②検品をしっかりする
③IMEI番号を使った通信制限の確認をしっかり行う

 

 

-せどり

Copyright© 副業!スモビジ , 2019 All Rights Reserved.