フリマアプリ せどり 仕入れ 電脳 コツ 売れ筋 儲かる 商品 まとめ

更新日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>日本全国の人気店舗に御社の商品を並べませんか?御社の輸入商品など、問屋、店舗、カタログ通販への提案営業無料!日本語パッケージの作成も支援します。

→ 新規商品提案受付

<PR>在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取・特価商品、当店小売会員に直接告知

本文は以下より

 

らくま

スマートフォンが世に出てから、様々な便利なアプリが開発されていますが、群を抜いて消費者の生活に浸透してきたフリマアプリ。2012年後半より続々登場したフリマプリですが、メルカリを筆頭に、楽天・LINE・DNAなど大手が続々参入し、また、趣味や・客層ごとに絞った専門性の高いアプリも増え、まさに群雄割拠の様相を見せております。

 

■安全に商品を売買できる仕組みの充実

 

会ったことのない他人から商品を買うという行為は少し不安、という思いは誰もが抱くことですが、フリマアプリでは、安心・安全な取引を行うための仕組みに最も力をいれています。メルカリを例にその仕組を解説します。

 

購入する側、販売する側、メルカリ、の3者間での取引になります。

 

1.商品を「購入する側」がほしい商品を買う(お金を払う)
2.「メルカリ」が一旦お金を預かる
3.「販売する側」が商品を「購入する側」に送る
4.「購入する側」が受け取ったと「メルカリ」に報告する
5.「メルカリ」が「販売する側」にお金を入金する

 

このような仕組みなので、お金を払ったのに商品が届かない、ということは絶対にありません。また、そもそも登録時に、本人確認をしっかりと行っていますので、悪いことをしようとする人が紛れ込まない工夫もされています。

 

 

■オークションと違って無料で出品、すぐに買える

 

オークションでは、商品を販売する際に、月額の費用を支払わないといけない場合がありますが、フリマアプリでは出品にはお金が一切かからず、売れてから「売れた金額の〇〇%」を手数料として支払うという仕組みですので、とても始めやすいです。

 

手数料は無料のフリマアプリから「10%」のフリマアプリまで様々です。手数料が安ければいいのか?というと、そうではなく、売れなければ意味がありませんから、売れるようにするためにフリマアプリの宣伝などのお金をしっかり使ってくれているアプリがいいです。

 

※各フリマアプリの手数料は、これから全て解説します。

 

■メルカリ

 

 

 

1ヶ月に数十億円規模で商品が売買されている、2015年現在、最も大きなフリマアプリです。出品数は毎日10万商品以上と、勢いがあります。そして、ダウンロード数は1000万を超え、国内トップを走り続けています。

 

運営会社      :株式会社メルカリ
ユーザー層     :すべて
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :販売価格の10%
購入者の手数料  :コンビニ支払い、銀行(ATM)支払いの場合のみ100円
会員数     :1000万以上
月間流通総額  :数十億円
1日の出品数  :10万点以上

■フリル

※2018年フリルと統合

 

女性のみをターゲットにし、月間5億円以上の売買額、250万ダウンロード突破など、メルカリの次に勢いのあるフリマアプリと言えます。また、アパレルブランドと組んで、メーカーがアウトレット商品を販売でき「Fril公式ショップ」も開始しました。

 

運営会社      :株式会社Fablic
ユーザー層     :女性
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :10% ※取引成立時のみ
購入者の手数料  :コンビニ支払いの場合200円~300円、銀行(ATM)支払いの場合200円
会員数     :200万
月間流通総額  :5億円以上
1日の出品数  :数万点

 

■LINEモール

 

※現在サービス終了

 

 

 

人気アプリの中では唯一の出品・販売手数料が無料。LINE株式会社が運営するポテンシャルの高いフリマアプリです。また、楽しくお得なセールを毎日開催したり、「チャンスプライス」なども開催しています。その他、LINEの他のアプリとの連携が便利で「LINEグループ購入」や「LINEギフト」や「LINEペイ」などと連携している。

運営会社      :LINE株式会社
ユーザー層     :すべて
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、Pay-easy決済
出品者の手数料  :無料
購入者の手数料  :無料
会員数     :120万
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

ラクマ

※2018年フリルと統合

 

 

 

 

2014年にリリースされた楽天が手がけるフリマアプリ。楽天ポイントが使えることで、既存の楽天のユーザーを流入させることができる。また、出品・販売・決済手数料が全て無料というのもとても良い。

 

運営会社      :楽天株式会社
ユーザー層     :すべて
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :無料
購入者の手数料  :無料
会員数     :不明
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■ショッピーズ

 

 

 

10代~20代をターゲットに、長くフリマサービスを運営する老舗の会社。フリマアプリリリースは少々遅れたが、長くフリマサービスを運営してきたので、便利なサービスには期待できる。

運営会社      :株式会社Stardust Communications
ユーザー層     :女性
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :9%~10%
購入者の手数料  :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済 200円
会員数     :100万人
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■ママモール

 

※現在サービス終了

 

 

子育て中の母親をターゲットにした「子供用・赤ちゃん用」の商品をメインに扱うフリマアプリです。「ママコイン」という通貨で商品を売買します。

運営会社      :株式会社デジタルアイデンティティ
ユーザー層     :子育て中の母親
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :10%(+振込手数料315円)※取引成立時のみ
購入者の手数料  :100円~300円(クレジットカード決済の場合10,001円以上は商品代金の4%)
会員数     :不明
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■Dealing(ディーリング)

 

 

 

 

運営会社      :クルーズ株式会社
ユーザー層     :すべて
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :無料
購入者の手数料  :コンビニ支払い、銀行(ATM)支払いの場合のみ100円
会員数     :不明
月間流通総額  :不明
1日の出品数 :不明

 

■Bijoux de Marche (ビジュードマルシェ)

※現在サービス終了

 

 

ゲームセンターには必ずある「プリクラ」の日本最大手メーカーフリューが運営するフリマアプリ。ファンションアイテムがメインで、雑誌モデルなどを使い、ガンガン宣伝を行っている。また有名人の私物なども販売されている。また、ユーザーにとって、嬉しい機能も盛りだくさんで「JUST PRICE」均一料金表示、「COORDINATE」全身コーディネートされた商品をそのまま販売、「TIME SALE」50%オフのタイムセールを毎日開催、など工夫されています。

運営会社      :フリュー株式会社
ユーザー層     :女性
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済
出品者の手数料  :無料
購入者の手数料  :コンビニ支払い、クレジットカード支払い 200円
会員数     :不明
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■A2mato (アニマート)

フリマサービス「アニマート」は、2016年3月31日(木)をもって終了

 

 

俗にいう「オタク」系商品を専門に扱うフリマアプリ。コミケに集まるような商品から、マニアックな一点ものまで、現在はTwitterで行われているような売買が、しっかり仕組み化されて行うことが出来る。

運営会社      :セブンバイツ株式会社
ユーザー層     :アニメ・ゲームなどが好きなユーザー
お金の払い方   :コンビニ決済、クレジットカード決済、銀行(ATM)決済
出品者の手数料  :5.25% ※取引成立時のみ(現在は無料)
購入者の手数料  :5.25%(現在は無料)
会員数     :不明
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■otamart (オタマート)

 

 

 

テレビCMでも宣伝を開始し、オタクをキーワードにユーザーを集めている。

運営会社      :株式会社jig.jp
ユーザー層     :アニメ・ゲームなどが好きなユーザー
お金の払い方   :クレジットカード決済、コンビニ決済
出品者の手数料  :10%
購入者の手数料  :コンビニ決済200円、クレジットカード支払い100円、ポイント全額支払い無料
会員数     :4000人
月間流通総額  :不明
1日の出品数  :不明

 

■ガレージセール

 

 

 

「商品をあげる」機能など、独自の機能とSNS拡散、SEOなども考慮されたビジネス使用にも相性のいいフリマアプリです。ポイントを貯めて、豪華景品と交換なども可能。

運営会社      :株式会社jig.jp
ユーザー層     :不要品を処分したい人
お金の払い方   :クレジットカード/コンビニ/ATM/キャリア決済/ポイント
出品者の手数料  :8.99%

購入者の手数料 :無料
会員数     :不明
月間流通総額 :不明
1日の出品数 :不明

■セルバイ

 

釣りの関連製品の売買が行われる専門系フリマアプリ。

運営会社      :株式会社ガプスモバイル
ユーザー層    :釣りをする人
お金の払い方   :クレジットカード決済、コンビニ決済
出品者の手数料 :10% ※取引成立時のみ
購入者の手数料 :クレジットカード0円
会員数     :4000人
月間流通総額 :不明
1日の出品数 :不明

■STULIO (ステューリオ)

※現在サービス終了

 

 

海外ファッション通販BUYMAの姉妹アプリということで、トレンドに敏感なユーザーを囲い込むフリマアプリです。
運営会社      :株式会社Stulio
ユーザー層    :ファッション好き
お金の払い方   :クレジットカード決済、コンビニ決済
出品者の手数料 :販売時に商品販売価格の5.4%
購入者の手数料 :販売時に商品購入価格の5.4%
会員数     :不明
月間流通総額 :不明
1日の出品数 :不明

■サービス終了したフリマアプリ

(2015年4月現在 ※随時更新致します)

マムズフリマ

 

kiteco(キテコ)

 

 

mixiマイ取引

 

 

ClooShe

 

 

Prima

 

 

■フリマアプリの利用状況さて、最後に終了したフリマアプリサービスを挙げさせて頂きました。その中には、アメブロを運営するサイバーエージェントの運営するマムズフリマも有り、スマホアプリ運営も、なんでも成功するというわけではないことがわかります。それでは、フリマアプリがたくさんある中で、実際にどのアプリが利用されているのでしょうか。スマホやタブレットを中心とした市場調査の大手「MMD研究所」の調査結果では下記のようなデータが公開されています。※MMD研究所【現在利用しているフリマアプリ「メルカリ」が62.2%で最多】より

 

「メルカリ」に次いで「フリル」「LINEモール」と続きます。これからも次々、フリマアプリは開発されるでしょうが、広告宣伝費を多く支払える大手、もしくは、細分化したユーザーをターゲットにした専門店形式のフリマアプリが勝ち残る流れになりそうです。

 

 

「メルカリ」に次いで「フリル」「LINEモール」と続きます。これからも次々、フリマアプリは開発されるでしょうが、広告宣伝費を多く支払える大手、もしくは、細分化したユーザーをターゲットにした専門店形式のフリマアプリが勝ち残る流れになりそうです。

 

らくま

フリルとラクマが統合され、らくまというフリマアプリになりました。

メルカリに比べると、出品しても売れにくいなどはありますが、らくまの魅力は、なんといっても手数料です。

手数料が0円から2018年10月時点では、3.5%と上がりましたが、それでも、メルカリの10%に比べると6.5%は大きいです。

カメラなどの高額商品になってくると、その手数料の差が顕著に表れてきます。

手数料が安いということは、その分、商品が安く仕入れられるというメリットもあります。

出品者の中には、併売して、らくま、メルカリで同一商品を販売していることがあります。

メルカリで良い商品が見つかったら、一度、ラクマの方ものぞいてみると良いでしょう。

同じ商品が、お値打ちに仕入れられる可能背があります。

スママ

 

スママ

Webサービスを手掛けるジラフ(東京都中野区)は12月10日、「スマホのマーケット」を「スママ」にリニューアルしました。そして、個人の可能になっています。

 

出品代行取扱商品

 

・スマートフォン
・タブレット家電(大型を除く)
・ノートパソコンゲーム機

利用方法

①商品を送る:ドライバーがご自宅へ集荷(梱包材有)
②仮査定:スママチームが仮査定額の連絡があり、下記2つより選択

・出品代行
・買取

③出品代行:ママや他サイトで販売代行

④振込:買取の場合指定口座へ振り込まれる

送料、梱包材、振込手数料等も全て無料

ラクマとメルカリのメリットデメリットとは?

①出品⼿数料
メルカリ : 10%
ラクマ : 3.5%

②配送料金とサイズ
メルカリ : メルカリ便 175円〜 最⼤で450サイズまで
ラクマ : ラクマパック 179円〜 最⼤で170サイズまで

③匿名配送
メルカリ : あり
ラクマ : なし

④振込⼿数料
メルカリ : 1万円以上は無料 ⼀万円未満は210円
ラクマ : 楽天銀⾏なら1万円以上は無料 他⾦融機関は210円

⑤購⼊前申請
メルカリ : なし
ラクマ : あり

※購入前申請とは、購入者の評価や、プロフィールを確認してから販売できるというシステムです。
これにより他のサイトでの併売が可能となります。

⑥売れやすさ
らくま<メルカリ

メルカリの方が利用者数が多いこともあり、ラクマよりも売れやすいというのは販売者側としては、売れやすい媒体での販売をしたいと思われる方がほとんどだと思いますが、らくまの購入前申請などのサービスを利用していけば、販路が増え、その分売れる可能性も高くなります。

-フリマアプリ

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.