重要なキーワードは左に持ってくる・タイトルは自然な文章になるよう工夫

更新日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>日本全国の人気店舗に御社の商品を並べませんか?御社の輸入商品など、問屋、店舗、カタログ通販への提案営業無料!日本語パッケージの作成も支援します。

→ 新規商品提案受付

<PR>在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取・特価商品、当店小売会員に直接告知

本文は以下より

重要なキーワードは左に持ってくる

 

検索の上位に表示されやすくするためには、重要なキーワードをタイトルの左に持っていきましょう。

キーワードを幾つか組み合わせてタイトルを作っていると思いますが、できるだけ左から順に重要だと思うキーワードを並べてタイトル分を作ることがポイントです。

 

タイトルは27文字以上31文字以内におさめる

31文字以上のタイトルは最後が・・・で表示されます。

タイトルをすべてきれいに表示させるためには31文字以内におさめるようにしてください。

タイトル文字数カウントくん!を使うと、自分で数えなくても文字数がわかります。

長すぎるのもいけませんがタイトルは短すぎても検索に引っかかりにくいです。

27文字ぐらいはあったほうが検索数アップに繋がります。

 

タイトルは自然な文章になるよう工夫しよう

キーワードを入れることばかり考えれば、タイトルが不自然な文章になります。

あまりに不自然な文章ですと、いくら上位に表示されてもクリックされる率は下がりますし、Googleからペナルティを受ける可能性もありますので注意してください。

タイトルが出来上がったら一度自分で読んで確かめてみましょう。

 

『。』『、』より『!』『?』を使おう

人の目を引くのは句読点よりも『!』『?』といったマークです。

半角と全角のどちらにするかは、文字数に合わせて調整してください。

タイトルが区切りもなく長い一文になっていると、意味が通じる文でも読者にはピンと来ないことが多いです。

しかし、『!』『?』などのマークで区切ると文自体を短くできてさらにキーワードをプラスできますし、読者にも読みやすくおすすめです。

 

絶対に使ってはいけない画像とは?

肌の露出が多い、または水着を着ている画像、またロゴや社名、作成者の名前入りの画像は使ってはいけません。

また著作権が厳しいディズニーの画像も使わないことをおすすめします。

 

水着の画像を使っていなくても前後の文章でアダルトなニュアンスの言葉を入れると危険なサイトととらえられる可能性がありますからご注意ください。

 

画像をアップする方法とは?

記事を書く画面から「メディアを追加」を選んで、アップしたい画像を開きましょう。

画像のタイトルと代替テキストを入力して投稿に挿入を選べば画像はアップされます。

 

記事を読みやすくするために必要なことは?

記事は見出しをつけるで読みやすくなります。

見出しにはいくつかの種類がありますが、WordPressを使って記事を書くならば「見出し3」がもっとも使いやすくおすすめです。

 

画像はどこに入れるべき?

画像を入れたいなら、一番上や見出しと文章の間に入れると効果的です。

-アフィリエイト

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.