トレンドアフィリのSEO対策 記事のタイトルについて

投稿日:


仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ



【協賛】仕入れ卸問屋とドロップシッピングのバイヤーズ

<PR>日本全国の人気店舗に御社の商品を並べませんか?御社の輸入商品など、問屋、店舗、カタログ通販への提案営業無料!日本語パッケージの作成も支援します。

→ 新規商品提案受付

<PR>在庫買取もお任せください!1万会員以上の小売業者に直接告知します。

→ 在庫買取・特価商品、当店小売会員に直接告知

本文は以下より

トレンドアフィリのSEO対策 記事のタイトルについて 前編

トレンドアフィリでアクセスを集めるためにポイントとなる、記事のタイトルの付け方についてお話します。

 

アフィリをしている人は、かなりの割合で記事のタイトルの付け方が間違えているので、本当はアクセスが集まるはずなのに、逃してしまっています。

 

記事のタイトルにただキーワードさえ入れたらいいというものではありません。タイトルは検索結果を上位にもっていくだけのものではなく、人が関心を持つタイトルにするだけで、アクセスが多くなりますが、記事のタイトルの付け方には決まりがありますので、これを守ると守らないのでは、かなり違ってきます。

 

それでは、どんなタイトルがアクセスを集められるのでしょう。

 

 

・文字数を28~32文字にする

検索している人が、ブログを訪れるときに、調べたいキーワードを入力して検索しますが、その際にブラウザに表示されるタイトルは、28~32文字までしか表示されないのです。

 

Googleでは28文字しか表示されないので、それ以上つけても検索している人には見えてない可能性があります。タイトルを変えることは、文字の表示だけではなく、検索も上位に表示されやすくなります。

 

ですから、この文字数を守るようにしましょう。

 

その時に便利なツールが、文字数カウントツールです。

http://peta.okechan.net/tools/wordscount.html

 

このツールは、独自で設定ができるようになっていますので、半角・全角空白、タブ文字、HTMLタグをカウントしないようにできたり、逆にカウントするように設定もできます。

 

このツールを使って、作業効率を上げていきましょう。

 

タイトルはいろいろと詰め込まない

キーワードを入れすぎると、Googleからタイトルと記事の内容が共通してないと思われて、Googleの検索結果で、タイトルが変更になってしまうことがあります。

 

タイトルが変更になるということは、検索した人が関心を持たなくなるので、アクセスが集まらなくなります。

 

タイトルを変えられるだけだといいのですが、タイトルと記事の内容が違いすぎると、ブラックだとみなされて、ペナルティを課せられてしまいます。

 

Googleからペナルティを課せられると、検索結果に表示されなくなるため、そのようなことの内容に、気をつけましょうね。

 

・記号の入れすぎに注意

記号をたくさん入れているタイトルを見たりしますが、記号と記号の間のキーワードしか複合キーワードにならないので、あまり記号を入れないように気をつけましょう。

 

記号は複合キーワードを分断してしまうので、記号ではなく半角スペースを入れます。

-アフィリエイト

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.