Amazon出品まとめ

更新日:

Amazon出品許可申請

 

Amazonでは出品できないカテゴリがあります。
そのカテゴリでは申請し、許可を得ないと販売ができません。

出品申請許可が必要なのは
・服&ファッション小物
・シューズ&バッグ
・時計
・コスメ
・ヘルス&ビューティー
・食品&飲料
・ジュエリー
・ペット用品
です。
ちなみに、小口出品者は対象外なので申請・販売できません。

出品申請の仕方が書かれている記事はありますので
そちらを参照ください。

一般的には上の記事(動画)の通りに申請すれば大丈夫なのですが、
申請に必要なものがすべて揃っていたとしても出品許可がおりないときがあります。
そういった場合はテクニカルサポートに電話しましょう。
メールではなく、電話です。
丁寧に対応するとテクニカルサポート側も丁寧に答えてくれます。
何度も電話することで出品許可が得られることがあります。
何故出品許可がおりないのか、何が必要で何をすればいいのか。
これらを聞き、その通りにすると許可がおります。

Amazonは規約がころころ変わります。
出品許可もだんだん厳しくなっていますので、今後出品する可能性がある
出品許可が必要なカテゴリがあれば、早めに出品許可を得ましょう!

Amazonカテゴリ申請

香水を見ていると、Amazonよりも

ヤフオクやメルカリの方が安く販売されていることが多々あります。

Amazonでの販売の敷居が高いせいだとは思いますが、

カテゴリ申請さえすればいいので、

申請しましょう。

カテゴリ申請は年々厳しくなっている気がします。

今のところわかっている情報をお伝えします。

どういう書類が必要か

オンラインの法人の小売・卸はNG

レシートもNGです。

オフライン(実店舗)の卸の請求書が必要(購入前に発行してもらいましょう)

請求書に記載してもらう情報

90日以内の請求書で同じ商品を3点以上購入していること。

また、仕入先や発行元の名称が必要であり、

Amazonの出品者の名前、店舗名(セラーセントラルと同じ情報であること)

あとは仕入伝票が必要になってきます。

これからもっとカテゴリ申請が通りにくくなる可能性がありますので、

早めにカテゴリ申請をしておきましょう。

また、上記の請求書や仕入れ伝票を揃えても申請がおりない可能性があります。

その場合は、Amazonテクニカルサポートに電話やメールをして

どうしたら申請が通るか聞いてみましょう。

喧嘩腰にならないように、丁寧に対応しましょう。

Amazon出品申請でレシートが使えない対策について

レシートでは、Amazonの申請はできないようになりました。以前はよかったのですが。

必要書類は、納品書および仕入れ明細書(受領書)と記載してあるのですが、レシートではだめでした。

ですので、今回私が経験した内容を、これから申請される方々にお伝えしていきますね。

登録申請に必要な書類について

納品書や仕入れ明細書がないときは、別に2つの情報を提供しないといけません。

事務所の会社住所(FBAに登録している住所でOK)と納税証明書が簡単だと思います。

納税証明書は、近くの役所で申請します。書式は市町村によって違うことがあります。

この証明書を提出する意味は、最低限の項目、市・道民・県民税などがわかればいいので、所得は記載不要です。こちらの証明書発行は、400円の手数料がかかります。その他は、身分証明が必要になります。

以上が申請方法ですが、わからないことはAmazonのテクニカルサポートに問い合わせてみましょう。丁寧に教えてくれますよ。

Amazonでの出品禁止商品

さっそくですが、Amazonで出品禁止されている

商品がいくつかあります。

詳しくはAmazonの規約を読んでください。

ただ、せどりにしても輸入にしても気を付けないといけない

ワードがあります。

「正規品」「正規代理」

これらを謳っている商品カタログに

出品してしまうとAmazonアカウント停止…

最悪の場合アカウント閉鎖に陥ってしまいます。

「正規品」や「正規代理」を謳っているところは

商標権や意匠権などを取得しているので、

商品カタログに出品してしまうと

知的財産権等の侵害に相当してしまいます。

有名どころでいえば、ショップジャパン(SHOP JAPAN)の製品です。

Amazonで商品を確認して頂くとわかりますが、

出品者が一人だけです。

絶対に出品しないように注意しましょう。

間違えて仕入れてしまった場合、

仕入先に商品を間違って購入してしまった旨を伝え、

返品して返金してもらいましょう!

 

知的財産権の侵害等を確認方法

Amazonに出品したりすると、場合によっては、メーカーなどから、知的財産権で、出品取り下げするようにと連絡が入る場合があります。

在庫を抱えた状態で、出品取り下げ依頼をされると、不良在庫を抱えることになるので、資金繰りなどに問題が出てきてしまいます。

そのためにも、知的財産権侵害にならないかの確認が必要となります。

・Google検索で確認(商品の名前、メーカー、警告)などで、過去の事例が調べられることもあります。

また、「特許情報プラットフォーム」で商標権を持っているか確認することもできます。

 

Amazonセット販売で売り上げをUPする方法

単体の商品だと利益が薄利なものであっても、セット販売することで高く売れることがあります。

セット品販売
・同一商品の複数セット
・異種商品の複数セット

新規商品登録
新たに商品登録をする必要があります。
複数商品のセット販売する際は、JAN コードがありませんので、新規商品登録する際に「製品コード免除の申請」が必要となります。
セット商品は、ビニールに入れる必要があり、またラベル代行サービス等には対応していないので、自分で作業を行う必要があります。

新規出品JANコード作成詳細
は下記にて詳しく説明しているので、是非合わせてお読みいただければと思います。
JANコード 作成 取得 方法 やり方 儲かる コツ 売れ筋 商品 稼ぐ 方法 まとめ

 

マケプレプライム取得でカート取得率UP

マケプレプライム:出品者が出荷する商品をAmazonプライム対象商品にできるプログラムのことです。

プライムの権利を取得したアカウントは、Amazonプライムマークが表示されます。
また、カートも取得がしやすくなります。プライムマークがつくことで、FBAのように、商品も売れやすくなるというメリットがあります。

デメリットとしては、自己発送で、その日のうちに発送手続きをしないといけないので、作業の手間が増えるということです。

 

マケプレプライムの権利を取得する5つの条件とは

① ​マケプレプライムトライアル​で定められた条件を満たす

直近50件のマケプレプライム対象商品の注文出荷を下記条件を満たすこと
・注文即日の出荷率が99%以上
・追跡可能率が94%以上
・出荷前キャンセル率が1%未満

引用:https://services.amazon.co.jp/services/seller-fulfilled-prime/faq.html

②通常便、お急ぎ便の提供 ※14時以降に入った注文は次の日扱い

③送料:通常配送を無料にて提供。Amazonプライム会員の方はお急ぎ便を無料で提供すること

④追跡可能な発送方法(Amazonが認めている配送方法:ヤマト運輸、日本郵便)

⑤返品・返金ポリシー:Amazonの規定に基づいて追跡可能な方法にて対応すること

 

マケプレプライムで利用できる配送方法(Amazonの規定で常時変わります)

日本郵便​:​ゆうパック、レターパック

※ゆうパケットは不可

ヤマト運輸​:宅急便、宅急便コンパクト、ネコポス、宅急便タイムサービス

 

Amazon出品規制メーカー

タカラトミー・バンダイ・レゴ・富士フィルム・マキタ・ヤマハ

他にもありますが、出品規制メーカーがだんだん増えてきています。

つまり、出品規制を解除できれば、ライバルが出品できないこれらのメーカーを出品できるということです。

出品許可の流れを見ていきます。

■請求書

①メーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上
②発行から180日以内
③出品者の名前と住所が含まれている
④メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
⑤合計10点以上の商品を購入(3種類ほど)
⇒申請時、Amazonから卸業者へ連絡し、提出書類を検証する場合があるのを了承してください。

 

Amazon複数出品すれば利益が出る

単体の商品だと利益の出ないものや、Amazonが販売していて出品しても勝てない商品があります。その場合は、複数まとめ売りだと利益が出ないか見てみましょう。

■アマゾンでの商品出品するかどうかの見極め3つのポイント

①Amazon 本体が出品していない
②プレミアム価格になっている商品
③Amazonがカート取得していない

 

-Amazon

Copyright© 副業!スモビジ , 2018 All Rights Reserved.